戸田中央臨床検査研究所

病理検査科

検査の内容、業務の魅力

 病理組織検査では被験者から切除した組織の形態的変化を鏡検し、見出される病変の状態を病理組織学的に診断します。その内容は組織の良悪(癌か癌でないのか)はもちろん、特殊な疾患(潰瘍性大腸炎、結核、アミロイドーシスなど)の有無や炎症の原因などを検索し、治療方針決定のために重要な情報を提供しています。また、手術で摘出された臓器はマクロ・ミクロの点から観察され手術の完成度や病期の判定を行います。

 数値によるデータや画像診断等の間接的検査とは異なって病変部を直視診断する検査であり、多くの場合は最終的確定診断となります。また、この診断結果により臨床医は治療方針を決定し、適切な処置を行うことになります。
 細胞診検査は採取された材料中に含まれる細胞の形態的変化を鏡検し、細胞数、種類、占有率から性周期やホルモン作用の検索、また前癌細胞・悪性細胞の有無、炎症の程度、炎症細胞の種類、感染菌やウイルス感染細胞等から病変部の進行状態を細胞学的に診断して判定します。また、本検査は喀痰や自然尿の検査材料のように被験者に恐れや苦痛を与えず比較的容易に繰り返し検査ができることから、悪性病変のスクリーニングや術後の経過観察などで多く利用され、病理組織検査の補助的役割も担っています。

 病理診断を専門としている医師である”病理専門医”が病理診断を行います。現在、常勤医師のほか、10名の非常勤医師も勤務しています。また、臨床検査技師一人一人は日常業務だけで明け暮れることなく、患者様に誠実な貢献ができるようにと日々勉強をしています。二級臨床検査士(病理学)の認定取得や細胞検査士(日本臨床細胞学会、国際細胞学会)の資格を取得するなどの結果につながっています。また、細胞検査士の有資格者であっても細胞診業務だけでなく病理組織業務にも関わり続け、偏りの無い視野を保つ事が大切であると考えています。

Photo

分析化学科 細菌検査科 血液検査科 病理検査科 遺伝子検査科
access

〒335-0023 
埼玉県戸田市本町1-20-7

お問い合せはこちら TEL:048-433-3711
メールはこちら